株式会社 日本油剤研究所のご紹介
JAPAN LUBLIGHT LTD.

 ■会社概要
  • 商号・株式会社 日本油剤研究所
  • 事業内容・各種油剤(各種電線用引抜加工油・プレス加工油・非鉄金属用の防錆剤・潤滑剤の調整剤・洗浄剤等)の製造販売
  • 代表者・代表取締役 高濱彰吾
  • 設立年月日・昭和34年8月1日
  • 所在地・〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町2079-7
  • TEL : 045-813-3651/FAX : 045-813-3775

 ■ 沿革

  • 鞄本油剤研究所は、昭和34年に神奈川県横浜市神奈川区に、有機化学の分野で最もホットな界面活性剤を応用した電線用引抜油(水溶性潤滑剤)および防錆剤の製造販売に着手し、文字通りガレージメーカーとして発足致しました。しかし横浜市(横浜駅周辺)の港未来都市計画(MM21)に伴い開発・分析の要である振動問題による研究開発機能の低下と判断し、平成元年に現在の戸塚区へ移転し、自社技術の確立と進化に向けて現在に至っております。

 ■ 業務内容

  • 創業以来、電線製造に用いる水溶性引抜油の製造販売を主軸とし、その他金属加工油以外に、防錆剤・洗浄剤・表面改質剤など、幅広い分野への商品も提供させて頂くと共に、独自の水溶性化技術を駆使して、お客様のご要望に応じたオリジナル油剤の開発を行なう、金属(非鉄金属)関連の油剤の開発から製造までの総合専門メーカーであります。(商品名 : ルーブライト/LUBLIGHT

 ■ 研究開発

  • 商品は、優れた機能を有するとともに、自社製品の特性の把握に基づくサポートとのバランスが等価であると考えており、お客様が安心してご使用いただける製品造りを開発コンセプトとしております。
  • 弊社は、創業以来産学連携システムをいち早く導入し、基本技術である界面化学に基づく水溶性潤滑剤の作用機構を理論的に確かめた論文は高い評価を得ており、現在でもそれを凌ぐ理論はありません。(J. Japan Petol. 25, No. 6, 1982)
  • 技術資料は、専門分野以外の方々にもご理解いただけるよう解説いたしておりますので、是非ご参考いただければ幸いです。
    またトライボロジー(摩擦・潤滑等の学際的学問および技術を発展させるために生まれた総称)の概念を具体化するため、弊社では機械メーカー・ダイスメーカー等と連携し、問題解決の迅速化にも取り組んでおります。

 ■ 営業

  • 販売ネットに関しましては、国内はもとより海外への進出は早く、多くの方々から高い評価を得ており、ご愛用頂いております。

 ■ 環境に優しい商品 環境マネジメント

  • 弊社製品は、天然油脂と石鹸系を主体とした成分構成であり、枯渇資源である鉱物油の使用は避けて参りました。今後ますます環境問題の規制が厳しくなるものと予想されますが、我々は次世代への課題に配慮した製品を提供する責任があると考えております。

 ■ 商品名の由来について

  • 商品名 : ルーブライト(LUBLIGHT®)は、[潤滑油]のルーブリカント(Lubricant)と[輝く]ブライト(Bright)の合成語で、「輝く潤滑剤」を目標に、命名されました。これからも、世界のブランドとして一層社業の発展に精進して参りますので、ご指導ご支援頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

HOME